分かりきっていることが一つだけあります。それは、風俗が素晴らしいコンテンツであるということです!皆さんも風俗の体験談を読んで利用してみてくださいよ!きっと体験談通りの、素晴らしいコンテンツだということが理解できるはずですよ!

風俗嬢のお尻に挟んで気持ちよかった

毎日オナニーをしていたけど、最近になって女性の体が恋しくなった。いつも自分の手で勃起したものを刺激していると、感度が落ちてしまい勃起力が低下してしまう。そのため、自分は定期的にデリヘルを頼み好みの風俗嬢を家に呼んでいる。始めの頃は特定の相手を指名していたけど、最近は毎回相手を変えるようになった。お気に入りの子に不満があったわけではないけれど、何となく多くの女性の体を味わいたくなったんだ。今回来てくれた女性をベッドに押し倒すと、遠慮なく体のすべてを味わった。おへそにゴミがたまりやすいけど、自分はそこを舐めるのが好きで彼女のへそを集中して舐めた。そして、敏感になった乳首を舐めるとすぐに甘噛みをした。彼女の感じる姿を見ていると自分もすごく嬉しくなり、すぐに勃起してしまう。彼女のお尻に勃起したものを何度も擦り付け、お尻で挟んでみた。そして、唾液を勃起したものにたっぷりつけて滑りを良くすると、何度もお尻に挟んで腰を振りそのまま射精した。今回の女性の体はすごく柔らかくて気持ち良かった。

デリヘルを頼んで性欲発散しよう

男性の性欲は発射していかないと溜まっていくので、定期的にエッチをした方がいい。今の世の中にはこんな情報が溢れているため、若い女性たちも男性の体についてわかっているはずなのだが、多くの女性は恋人であってもエッチの相手をするかは気分次第。そのため、相手の気分をよくするために男性は必死になる。女性の機嫌がよくなればエッチをさせてもらえる可能性が高くなるからだ。でも、自分はそんなことで女性と付き合いたくないし、ご機嫌取りなんてしたくない。それなら、お金を払ってデリヘルを頼んだ方が気楽にエッチを楽しめる。風俗嬢を家に呼んで彼女のテクを全身で受けると、全身が性感帯になり少しの刺激だけでも気持ち良くなれる。性感帯が開発されていけば、射精を伴わない絶頂を感じることだって可能だ。テクのある女性とのエッチは一般女性とのエッチと全く違うのだから、お金を払う価値もあり納得できる。風俗嬢も気持ち良くすることに一生懸命だから、エッチがしたくなったらデリヘルを頼むのが一番かも。

エッチがうまくいかない時は風俗嬢を呼ぶ

気持ちがいいエッチとはどんな感じなのだろうか。自分は恋人とエッチをすると、いつも前戯に重点を置いている。男性は簡単に勃起するためいいのだが、女性の方は気分が乗らないと濡れてこないらしい。さらに、自分が気持ち良くするために優しくしなければ、愛情を感じないという。男性は勃起したものを愛撫してもらうことで気持ち良くなれるため、どちらかと言うと物理的な刺激が重要。しかし、女性の場合は精神的にも高揚しないといけないらしいので、これがまた難しいんだよね。恋人とのエッチが上手くいかない日々が続くと、自分はデリヘルを頼み風俗嬢から女性の扱いを教えてもらう。家に来てくれた女性は男性を悦ばせるためのツボを熟知しているため、自分は簡単に気持ち良くなれる。そういう意味では、男性の体って単純なのかもしれないな。でも、精神的ストレスによって勃起障害が出ることもあるんだから、男性にプレッシャーを与え続ける女性もよくないはず。今回の風俗嬢のおかげで女性についてまた一つ勉強できたので、次回も一緒にプレイしたい。

風俗嬢に激しく愛撫をしてもらい硬さアップ

いつも女性を優しく扱うように心がけているつもりだけど、興奮してくると乱暴になりがちだよね。エッチをしていると性別関係なく興奮するんだから、自分はしょうがないことだと思っている。以前、恋人が激しく興奮した時は勃起したものをかじって食べようとした。なぜ、自分の勃起したものをかじったのか理解不明だが、きっと激しく興奮してわからなくなったんだろう。それだけ、自分とのエッチがよかったってことだから喜んでいいのかもしれない。いろいろ考えてみたんだが、男性の勃起するものを鍛えて硬くできれば、防御力アップして多少の攻撃に耐えれるかもしれない。そのため、デリヘルを頼み風俗嬢に口で激しくやってもらった。始めは唾液をたっぷりつけてもらい、ヌルヌルの状態で愛撫してもらった。彼女のテクはすごく良かったので、数分もしないうちに簡単に射精。そして、力尽きたはずの男性自身は彼女の愛撫で復活し、また激しく刺激をしてもらった。そして、何度もしているうちに復活しなくなったため、今回はこれで終わりにした。何となくだけど、激しい攻めに耐えていると硬さが増した気がする。
池袋 デリヘル

自分より風俗嬢を舌で気持ちよくしたい

女性のアソコから溢れる愛液は、どうしてあんなにヌルヌルしているのだろうか。自分は女性の感じている姿を見るのが好きなので、エッチをするときはいつも始めに舌を使って愛撫する。激しい刺激よりもねっとりとした優しい刺激の方が女性は感じるらしい。そのため、舌を使って時間をかけて愛撫していくと、相手の体が赤くなっていきすごく感じているのがわかる。そして、アソコからは女性特有の味をした愛液を溢れさせてくれるのだ。自分はこの愛液の味が好きで、満足するまで何度も舐めとって味わう。この愛液の味は人それぞれ全く違うから、すごく興味深いよね。いろんな女性の味を覚えたくて、デリヘルを頼み、毎回違う風俗嬢を家に呼んでいる。家に来た女性と始めにシャワーを浴びると、その後はじっくりと彼女の体を味わう。本来ならば、自分が彼女の愛撫を受けて気持ち良くなるのが正しいのかもしれないが、自分は彼女のアソコを舐めていたいのだ。そして、彼女を気持ち良くできたら自分も満足できるので、笑顔でお別れすることができる。

全身で風俗嬢のテクを満喫した

自分のテクが上手くないのかもしれないが、恋人とエッチをしているとなぜか最後に爽快感がない。自分は射精をすることでエッチを一区切りさせているのだが、恋人がエッチに集中してしまうと見境がなくなり、冷めるまであらゆるプレイをしてくる。これでも、勃起したものを使い彼女のことを何度も絶頂させているつもりだが、気持ち良くなればなるほど彼女の様子は変わってくる。そして、いきなり冷めるらしく中途半端に勃起させて終わることもあるのでかなりつらい。エッチが終わった後にトイレで一人エッチをすることもあるのだから、これは情けないと思う。自分は気持ちのいいエッチをしたいので、たまにはデリヘルを頼み風俗嬢の愛撫を受けたくなる。自分が気持ち良くなりたい時は受け身になるので、ベッドの上で仰向けになり風俗嬢からの愛撫をしっかり感じていく。そして、時間ぎりぎりまで彼女の愛撫を満喫したら、最後は気持ち良く発射。彼女の愛撫が的確なのでいつも気持ち良く発射できるんだよね、しばらくはリピーターになって気持ち良くさせてもらおう。